-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 2012

こどものこと

 しばらく更新していませんでした。
2学期に入って行事が増えたのと、
私の仕事がここしばらく忙しくなってきて
ブログの時間を作れずにいました。

日々の仕事と家事に追われ、
そんな中でも出来るだけPCに向かう時間を減らし、
子供達のために時間をとろうと思っていたのですが、
なかなか一緒に遊ぶ時間がとれず。。


息子が友達にこう言われてるのを聞きました。

なんか、偉そうな言い方する。
なんでそんなに偉そうな言い方をするんだ。



こう言われても息子はピンと来てない様子。

でも私が今まで息子の友達関係でずっと感じていた事でした。

息子はけっして(私の目から見るとですが)威張ってる訳ではないけれど、
言葉が、言い方が上から物を言ってる様な言い方をします。

本人は、

自分の家で遊ぶ時は、自分がリーダーで、
自分の言う事を(友達に)聞いて欲しい。

と言う。

妹と遊んでいる時の様な、ケンカしたときの上からの発言。命令口調。

家で友達と遊んでてケンカや言い争いになったときは、

友達が帰った後にそっと息子に

そんなに強い言葉で言ったら○○くんだって悲しい気持ちになるんだよ

と言いますが、息子にも言い分があるわけで

その言い分を聞きながら、こう言ったらいいんじゃない?とか

大きな声で言わなくていいんだよとか私なりに教えて来たつもりでした。

その時も、不満顔で聞いてるんだか聞いてないんだか。。



最近になって、友達同士で電話をかけあって遊びの約束をし始めました。

その電話の仕方が・・・もう、、なんちゅうーか。 

みんなであそべばいーじゃんって思う内容が多く、

今日は○○くんと遊ぶから、遊べない!!

○○くんとは約束してないよ!! 

○○くんは○○くんと遊ぶ約束なんかしてないって言ってるよ!!

とか。

友達も習い事を複数持っていて、遊べる曜日がみんなバラバラで

そんな状況で一緒に遊べる日はみんな一緒に遊んだらいいんじゃないの?ってこっちは思う訳で。。

で、その断り方がなんていうか・・・直球も直球!!

ごめんね、もナシ。

じゃあ、こうしようって策もなし。

これって男の子だから? 小2男子ってこんなもん?

でもお友達の方は落ち着いた言い方(少なくとも声は普通のトーン)で、

息子は大きな声ではァッ??とか、言ったりする。電話で。

こっちは聞いててハラハラ。。


電話から漏れてくる会話を聞いてると、小2だからか、話がまとまらない。

まとまらないまま電話を切って、誰と遊ぶのか瞬間的に変わって、

さっき遊べないって断ったハズの○○くんと遊ぶとか言い始め、

私から見るととっても不思議な(不可解な)世界。

子供の世界。子供のルール。

そんななかでもやっぱり息子の言葉遣いは直さないとダメだ。

先日、友達と遊んでた所に同じ子供会の6年生が来て、

ラジコンで遊んでた息子達の中に入ろうと話しかけて来たらしく、

習い事に行く途中だけどまだ時間があるからちょっと公園で時間つぶしのつもりで息子達に話しかけたよう。

ちょうどそこへ迎えに言った私が遭遇。

何か話してたけど、息子達、6年生に向かって

「もう行けよッ!!」

と言い放った。。。。

6年生・・・わかったよ・・ってブツブツ言いながら帰って行きました。。

こんなこと、目の当たりにしたの、初めてでした。

酷いです。酷い言葉遣いと年上の人に対する態度が全然なってない。

知り合いの6年生とは言え、

あまりにも酷い態度ですよね。

自分が言った言葉で相手がどう思うか、まだ考えられないんでしょう。

でもそれじゃダメ。

まだ低学年だから・・とか、そんなのいい訳です。よね?

友達のママさんに家の息子はこうなんだ~って相談しても

そんなふうに見えない~って驚かれる。


どうしたら言葉遣いを直せるか、

やっぱり面倒でもその都度教えなきゃならないって思ってても

こっちが忙し過ぎて、スル―してしまう時もある。

スル―すると後から、「あの時は・・・こうだったよね」と言っても効果がナイ。

それでも言い続けなきゃならない。


ずっと息子の事ばっかり悩んでました。

“親”という字は 木の上に立って見る といいますよね。

客観的に見て、そして見守る。つかず、はなれず。

小2になって、“親”をする時期がそろそろ来たと思っていたけれど、

まだまだだった。

私の生活スタイルも変えなきゃならないな。

とりあえず、今考えられる事は息子と一緒に遊ぶこと。

息子が2歳の時に始めた今のこの在宅での仕事。

家に居ながら、家事しながら、子供を預ける事なく出来る仕事に就けて良かったと思っていたれど、本当にそうだっただろうか?

家に居ながら息子と遊ぶ時間は本当はあまりなかったと今頃気づいた。

息子から見ればきっと私はいつもPCに向かっていて、

そんな姿しか多分ないだろう・・


そんなこと思っていた この数日。

でも仕事をしないと生活できないこの状況。

どうにかしなきゃならないのは私の方だと、

変えなきゃならないのは私の方だと、ようやく気が付いた。

子供は親の鏡。

言葉遣いが悪いのは親のせい。

とりあえず、一緒に遊ぶ事から始めようと思う^^













※最後までお付き合い下さった方、本当にありがとうございました。
こんなつまらない事に最後まで・・・・






関連記事
スポンサーサイト

- 3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/04 (Thu) 21:48 | EDIT | REPLY |   

mimi  

ココリンさんへ

ココリンさんのおっしゃる通り。
学校での生活が、放課後の友達との遊びの場が、
見えていなかったし、どこかで「家の子は大丈夫。ちゃんと出来てるだろう」と
思ってしまっていた自分がいました。

学校は知識を学び、集団行動のルールを学ぶ所、
基本的な人としてのルールは親が教えなくてはならないと
やっていたつもりだったけど、出来てなかった・・・

子育ては親育てというけど、
私の方が成長しないといけないと痛感してます。。
今回、子供達のその現場を目撃できたことはある意味ラッキーだったと
思います。育児に対する私の方向性を変えなきゃならないと分かったから^^

悩みながらも前へ・・!

2012/10/11 (Thu) 10:07 | EDIT | REPLY |   

けろたん  

No title

お久しぶりです^^

わが娘、年中ですが女の言葉遣いにすごさに、もうついていけておりません……。
親がどこまで介入していいものが、本当に今悩んでいるところ。
難しいですが、小学校へ行くともっともっと親と先生と子供と、それぞれの距離が変わってくるため、見極めって大切になってきますよね。

mimiさんの記事読んで、自分も改めて考えさせられました。
同じ家での仕事をしている身として、も^^

2012/10/16 (Tue) 12:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。