-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14 2012

リビングの無垢床の変化 2年経ちました。

こんにちは(*^o^)/\(^-^*)

いや~すっかり冬になりました。
一気に雪景色! 道路は凍結し、朝はこんな寒々しい現象が。
ベランダの手すり部分のアクリル壁(?)に空気中の水分が凍ったような,雪の結晶が沢山へばりついてました。
クリスマスツリーや雪が降っているみたいな模様だね~なんて話しながら、幼稚園の準備をしてました(*^▽^*)






今日はリビングの床についてです。我が家のリビングは無垢です。
栗の木で、色はクリア仕上げ。明るい色です。明るいリビングにしたかったので、このクリア栗にして正解でした('∇`)

住宅会社のショールームがこのクリア栗の床で、私達のイメージする雰囲気にピッタリだったので即決したお気に入りの床です(*´∇`*)

2年経過した床の色です。
↓↓↓
IMG_3175.jpg
右側がラグを敷いてるところ。ここは元の色です。
左側は経年によって変化した色。
少し色が濃くなりました。
窓側(左端)の方が顕著に色が濃くなったような気がします。日焼けですかね(^.^)

白っぽいクリア栗の床だったのが良い感じに色づいて来ましたq(^-^q)
ちょうどショールームで見た様な雰囲気に^^


家を建てると決めた時、見に行った住宅会社の展示場で惚れた無垢の床。
柔らかでサラッとした感触が大好き
この床が決め手でした。

IMG_3176.jpg
物を落とすとすぐ傷つくのがデメリットだけど(_´Д`)

ゆ、床っー!!物落とすな~!!傷つけるな~(#`皿´)!!!

と神経質になることもしばしばあり。。

足触りが柔らかで、梅雨の時もベタベタせず、冬はひんやり感がない良い事づくめの無垢床ですが、柔らかいってのがデメリットと言えると思います。
そして、経年変化によって色が変わるのも人によってはデメリットとなるかもしれないですね。こればかりは好みですからね~^^
それと、無垢の木の特徴として節が出たりすることがあって、床を貼ってみないとどんな模様・・というか仕上がりになるのかは分からないという事も賭けでした。

でも一番のデメリットは・・柔らかいコトだと思います。
落としたもののカタチそのままの凹みが出来まする(笑)

デメリットばっかり強調しちゃったけれど、それでも無垢で良かったと思ってます^^

凹みも色焼けも、良い味出してきています(^-^;




  
来年のカレンダー、買わねば~~~


■□今日も最後まで読んで頂きありがとう♪□■
読んだしるしにポチっと応援して頂けるととっても嬉しいです。
いつも応援ありがとうございます♪ 

     ↓ ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
※上のバナーをクリックするとランキングページへと別窓が開き、当ブログにポイントが加算されます。クリックしても料金は発生しません。


関連記事
スポンサーサイト

- 1 Comments

ichi:coco  

No title

こんにちは。

栗の無垢床はいい色合いですよね。
我が家のパイン無垢床よりも好みだったりします^^

無垢床メンテはどのようになさっていますか?
デメリットの面、割り切ればいいのですが割りきれなくて…。こまごまとメンテしています^_^;

2012/12/14 (Fri) 17:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。